行ってきました!バリ島・ウブドのお勧めホテルご紹介します♪ | バリ島 旅行記

バリ島 旅行記行ってきました!バリ島・ウブドのお勧めホテルご紹介します♪

写真

エリア:ウブド
テーマ:建造物
時期:2010/10/11~2010/10/16
投稿日:2010/10/20
投稿者:金沢 優さん

皆様こんにちは!STW新宿支店の金沢です。
10月11~16日の4泊6日間でバリ研修に行って参りました!
元々アジアのリゾートとして人気の高いバリ島ですが、今年は映画の影響もあって
色々ある地域の中でもウブドが一押しスポットです☆
 
その中でも今回視察をしてきたお勧めリゾートをご紹介いたします。
是非是非ご旅行の参考にしてみてください♪

『バイスロイバリ』

  • 写真
  • 写真
  • 写真

ウブドの中心地から車で約10分のところにあるラグジュアリーヴィラです。
敷地内に専用へリポートがあったり、浄水済みのため水道水が飲めたり、24時間無料でどこでも(ある程度の常識の範囲内ですが)送迎してもらえたりと、豊富なラインナップのライブラリから本やDVDを借りて部屋で見られたりと、かなり革新的なサービスが充実している注目のリゾートです。
 
特にお勧めのお部屋はテラスヴィラです。2階建ての2階部分で、外に張り出したインフィニティプールの脇にはガゼボがあり、そこで朝食を取ることもできます。
プールからの景色は高さがあるので絶景!プライベート感もばっちりです。
 
この1階はガーデンルームで、プールはあるものの屋根があるので日が差し込まないため、温水プールになっているという心遣いが憎い!日焼けを気にする方にはガーデンルームの方がお勧め。天蓋付きベッドなのもガーデンルームだけです。
 
写真1:テラスヴィラを下から覗くとこんな感じです
写真2:広々としたベッドルームの真後ろがバスルームで、実は仕切りが無いです
写真3:零れ落ちそうなインフィニティプール

『マヤウブド』

  • 写真
  • 写真
  • 写真

マヤウブドは ウブドの東側、プタヌ川に沿った、ライステラスとパームツリーの森を見渡す、10haという広大な敷地の中に建てられており、リゾート内は非常に静かで穏やかです。
 
ホテルタイプとヴィラタイプのお部屋両方を備えているので、ご希望に合った過ごし方ができると同時に、ヴィラリゾートにありがちな「お風呂に入っていたらお湯が切れてしまった。。。」というお湯関係の心配が無用なのが心強いです!!
渓谷に沿ってスパヴィラが建てられており、川のせせらぎや豊かな自然に抱かれながらスパを受けることができ、至極の時間を過ごせること請け合いです!
 
写真1:お洒落なエントランス
写真2:絶景のスパヴィラ
写真2:スーペリアルーム。この後ろにはデイベッドもテラスもあり、広めの造りです。

『アリラウブド』

  • 写真
  • 写真
  • 写真

アリラウブドはウブド市内から車で15分程離れているところにあり、大人向けの落ち着きのある雰囲気が漂っています。
レストラン真下に広がる渓谷へ向けて流れるプールの美しさは世界的にも有名で、夜になるとキャンドルでライトアップされて幻想的です。
スーペリアにもデラックスにも、滞在中は自然の中で過ごしてもらいたいという配慮から
部屋にテレビはなく、自然の音が心地よく部屋の中を満たしてくれます。
スーペリアにバスタブは無く、デラックスは現在順次取り付け作業を行っていて、
2011年3月にはデラックスは全室バスタブ付きになる予定だそうです。
 
写真1:美しくライトアップされたプール
写真2:すっきりとしたスーペリアルーム(テラスより撮影)
写真3:泊まれそうなほど充実したスパヴィラ

『ロイヤルピタマハ』

  • 写真
  • 写真
  • 写真

王族の持ち物であるピタマハの姉妹リゾートのロイヤルピタマハは、豊かな自然に囲まれており、2004年にオープンしたばかりですがまるで遥か昔からあったような佇まいが印象的です。
 
バギーがなくリゾート内の移動はエレベーターか徒歩になりますので、足腰の弱い方には辛いかもしれませんが、神秘的な雰囲気のリゾート内を散策するのも素敵です。
特に、リゾート敷地内の川岸は「天女が降りた場所」という伝説があるそうで、パワースポットとしても効果がある…かも!?
 
お勧めはプールヴィラで、広ーいインフィニティプールからの眺めはまさに絶景です。
豊かな自然の賜物である、蛍にも出会えました!
室内はベッドルームとバスルームと、リビングルームが全て分かれており、プールを正面にしているので、どこにいても絶景を楽しむことができます。
 
写真1;レストランからの絶景
写真2:ハネムーンデコレーションされたベッドはキュートでした♪
写真3:聖水で満たされているプール