ティルタサリ鑑賞 | バリ島 旅行記

バリ島 旅行記ティルタサリ鑑賞

写真

エリア:ウブド
テーマ:演劇鑑賞
時期:2010/05/18~2010/05/23
投稿日:2010/05/30
投稿者:飯野あすかさん

ティルタサリ楽団による伝統舞踊を見てきました!! ティルタサリはバリ舞踊の中でも、特に有名な楽団です。 日本やアメリカでも公演をしているほど!! 毎週金曜日の19:30よりウブドのバレルンステージにて公演をおこなっています。 料金は100,000ルピア(約1000円)です。 日本語の案内もありますので、お気軽にお楽しみいただけるかと思います。  

これから公演がはじまります

写真

木琴や、太鼓の音楽が流れ、公演が始まります。
20世紀に活躍した作曲家、イ・ワヤン・ロットリングによる楽曲だそうです。
音楽が流れ始めると、会場の緊張感が高まります。 
ワクワク♪

プスパ・メカール

  • 写真
  • 写真

きらびやかな衣装を身にまとった、美女たちの登場です。
人々を歓迎し、祝福するために作られた踊りだそうです。
軽やかな動きで観客を魅了します
 

レゴン・ラッサム

写真

バリ舞踊の中でも一番人気なレゴン舞踊。
現在までにつくられたレゴン舞踊の中でも、最もポピュラーなのがこのレゴン・ラッサムです。
踊っているのが、ジャワ島の王女です。
とても華やかですね♪
 
森の中で迷ってしまいました。
通常は1時間かかる演目を20分ほどで見ることができます!

クビャール・トロンボン

写真

20世紀に活躍したタバナン出身の舞踏家マリオ作の舞踊。
楽器を演奏しているのは、女装した男性です。
中世的な表現がとても見事でした。

バロン

写真

ショーもクライマックスへ。
百獣の王であり、森に代表される力の象徴であるバロンの登場です。
日本の獅子舞によく似ているなぁという印象を受けました。
バロンはいろんな儀式などに登場するようです。
全部で6つあった演目もバロンで終了です。
もっと見ていたかったなぁ・・・
 
 
 
 

まとめ

    いかがでしたか?
    みなさんも、是非ウブドに行った際はご覧になってください!
    毎週金曜日に公演しています。
    毎週1日だけなので、行けた方はかなりお得間たっぷりです♪
    とても貴重な体験になると思います。